カテゴリ: セミナー

第1回:「クラウド・バックアップの衝撃」



[ 開催日 ]2017年7月25日(火)15:00~17:00

 

[ 会 場 ]エリアビイジャパン株式会社(飯田橋)

 

[ 定 員 ]20名(参加費無料・事前申込制)

 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  

この度、「飯田橋 ITセミナー」を開催する運びとなりました。


1回は「クラウド・バックアップの衝撃」と題しまして、大切な情報のバックアップ手法として脚光を浴びているクラウド・バックアップについて解説いたします。

すべての企業にとって、「バックアップ業務」は多大な投資と運用負荷を強いるものです。かつ、それらは障害・運用トラブル・災害等に備えて必要不可欠なものであることは言うまでもありません。しかも、運用の高度化、24時間運用の普及などバックアップ業務の大型化・複雑化・長時間化は各企業にとって不可避な状況ではないでしょうか?それらの問題の解決策の一つとして威力を発揮するのが、クラウド・バックアップです。

クラウド・バックアップは、

導入・維持コストの削減

 シンプルな運用

 シンプルな環境の実現

などなど大きなメリットが期待できます。


当セミナーでは最新のクラウド・バックアップであるSWANBackupを中心にご説明いたします。


詳細・お申し込みはこちらから

先日、とあるセミナーに参加いたしました。

・・・が、そこで大変残念なことが! 



参加している方々が、明らかに「飽きている」!
セミナーはまだ始まったばかりなのに!!




皆さんは、セミナーを開催される場合、何に気をつけるでしょうか。

集客?パワーポイントの準備?アンケート?それともゲストスピーカーを誰にするかでしょうか?



有名な方をゲストスピーカーとして呼べるようなセミナーであれば集客もそんなに苦労しないでしょうし、話の内容もきっと面白く、参加者が飽きるようなことはないでしょう。

でも皆さんが担当するのは有名なゲストスピーカーなんていない、入場無料の「製品紹介」がメインのセミナーがほとんどかと思います。

そのセミナーを「飽きさせない」ためには、どうしたら良いのか・・・?



ズバリ、その答えは「スピーカーが大きな声でハッキリ喋る」です!

たったこれだけで、参加者は飽きずにセミナーに参加するようになります。



私が先日参加したセミナーも、まさにぼそぼそ喋る人がスピーカーだったのです!

「では、マイクを使えばいいんじゃない?」と思う方もいるかと思いますが、それは違います。

なぜなら、ぼそぼそ喋る人は、マイクがあるともっとぼそぼそ喋るからです!!




これをやられると、セミナーは苦行の時間と化してしまいます。

「とにかく早く終わって欲しい」「この空間から開放されたい」「なぜ私は申し込んでしまったのだろう」・・・もう、セミナーの内容なんてどうでも良くなります。

そうなったら、そのセミナーは失敗です。



セミナーは内容も大事です。パワーポイントの準備も大事です。

でもスピーカーがどう喋るかは、もっともっと大事なことなのです。



「スピーカーが大きな声ではっきり喋ることができれば、セミナーは半分成功したも同然」

これは簡単そうで、実は一番難しいことなのかも知れません。

↑このページのトップヘ