以前、とある会社に電話をした時のこと。

営業の電話ではなかったのですが、先方の態度がメチャメチャ悪かったことがあります(今でも思い出すと腹が立ちます)。



私が新入社員の頃、よく言われたのが

 最初に電話に出た人が会社の代表になるから、電話応対はきちんとするように。


ということでした。




さて「PR」ですが、もちろん「プレスリリース」の意味でも使われますが、「パブリック・リレーションズ(Public Relations)」、すなわち「社会とのつながり」です。

プレスリリースも、パブリック・リレーションズのひとつです。




パブリック・リレーションズは「社会とのつながり」全般を指しますので、

● 電話や受付での応対
● 顧客応対


といったものから、

● 社名・ロゴ
● 略称
● 名刺をはじめ印刷物のデザイン


はたまた

● 制服のデザイン
● 通勤時や外出時の社員の態度・言動


といったことまで含まれます。



「そんなバカな!」と思われる方もおられるかと思いますが、会社のイメージは日常のちょっとしたところで大きく左右されます。



実際に私が遭遇したのは、テレビでCMを流している有名な会社の社章を胸につけた方が、お年寄りが座ろうとした席を横取りしてしまったケースです。場所は新宿駅、山手線の車内でした。

私は元々座っていたのですが、そのお年寄りに席を譲りました。で、その横取り男はどうしていたかと言うと、一生懸命スマホをいじっていました。

私はその時以来、なんとなくその会社の商品は敬遠するようにしています。



私のように気にしない方もおられるかとは思いますが、例えば知っている会社の社員が酔っ払って周りに迷惑をかけていたらどうでしょうか?電車の中で我が物顔で座席を占領していたらどうでしょうか?お店で店員さんにぞんざいな態度を取っていたらどうでしょうか?その会社に対するイメージは上がりますか?

どんなにカッコイイCMを流していても、日常のちょっとしたことでその会社のイメージは簡単に下がります。

特に今はSNS等で即座に拡散されてしまいます。そして下がってしまったイメージを上げるのは並大抵のことではありません。



「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」という言葉があります。

辞書によると、「世の中にはさまざまな階級・職業があって、同じ人間でありながらその境遇に差のあることのたとえ。またそのさまざまな人が、うまく社会を構成していることのたとえ」とあります。




社会の中では、いつ、誰が、どんなところで結びついていくのか全くわかりません。


「まさかこんなところから・・・」となってしまう前に、パブリック・リレーションズの意味を考えてみてはいかがでしょうか。